メンテナンス

和装履物の正しい履き方 歩き心地のいい履物を買ったら、次は正しい履き方をマスター。粋に、美しく履きこなしましょう。 履き始めは正しく足をいれましょう。鼻緒の内側を持って広げるように履いて下さい。鼻緒のねじれが防げます。そのまま足入れをするとねじれたりして甲部分が痛くなります。鼻緒の裏を内側に入れるように履くとねじれてしまいます。

正しい下駄・草履・雪駄の履き方 和装履物は靴と違い、かかとを1~2㎝を出すのが正しい履き方です。

和装履物あれこれ(メンテナンス編)自分でできる簡易メンテナンスをご紹介します。(不器用なスタッフが自前下駄で自己責任補修)

白木下駄のカンタン補修

焼き千両下駄のカンタン補修 2色のマジックで、はがれをごまかす技

塗り下駄のカンタン補修 剥げてしまった箇所はマニキュアで!

桐サンダルの鋲抜けの補修 鋲抜けした時は木工ボンドを使って補修

履き続けるとこのような感じになります。

▲トップへ戻る